高さ:2尺 総張り風炉先屏風 千家桐 黒塗椽(ふち) 【送料無料】

◇組子下地(骨地)襖の風炉先屏風◇

《商品仕様》
[高さ]2尺(60.6㎝)  
[椽(ふち)]黒塗/艶あり
[表面]鳥の子(和紙)に千家桐(きら押)
[裏面]花色(和紙)
[丁番]紙丁番

◆鳥の子和紙へ、型を使用し、キラ(パール)色で千家桐柄を摺った上張りです。
◆桐は、鳳凰の止まる木として神聖視されており、高貴な紋章とされています。

◆和紙の風合いを生かす組子下地
襖の下地(骨地)には国産杉材の白太を井形に組んだ組子を用い、これに下張り用和紙を貼り、そして上張り用和紙を貼っています。
上張り用和紙の風合いを生かし、将来的な張替えにも対応出来る、本仕立ての風炉先屏風です。

◆紙丁番
・紐丁番や金丁番と異なり、中央に椽(ふち)がありません。その為、左右の襖が続き柄(一枚の襖)に見える事が特徴です。
・使用する紙は楮(こうぞ)100%の手漉き和紙です。楮の靭皮の繊維を原料とした手漉き和紙で、繊維が長く強靭で保存性に優れている為、漉かれた和紙はとても丈夫です。
・羽根(紙丁番)を張付け、乾いたら羽根を巻いて、さらに上から補強のため、巻いた羽根をくるむように一枚貼ります。乾いたら表裏をひっくり返して同様に一枚貼ります。これで三重の合わせ張りとなり紙丁番は強靭なものとなります。


◇ご注文をいただいてから、お仕立てしますので、出来上がるまでに数日お時間を頂戴いたします。

※京間用、江戸間用で[幅]が異なります。
ご注文の際には、京間用、江戸間用をお間違いの無い様にお願い致します。


《商品サイズ》
[京 間用] 高さ:60.6㎝×幅93.9㎝
[江戸間用] 高さ:60.6㎝×幅86.3㎝

京 間用・・・畳の短辺が3尺1寸5分(95.4㎝)
江戸間用・・・畳の短辺が2尺9寸(87.8㎝)
風炉先屏風を90°に開くと畳の短辺のサイズになります。

※別寸法や本漆塗椽、隅金具付も承ります。
お問い合せよりお知らせください。
お見積もりは無料です。


※配送・・・国内に限ります。
※商品の質感・色はお客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により、実物と多少異なる場合がございます。
ご了承下さい。

¥ 37,400

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Free shipping fee

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 0JPY
  • Shipping Fees are the same in all countries outside Japan 0JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 5,000JPY will be free.

Report

Reviews of this shop